>Topics>介護職員初任者研修を受けるメリットを知ろう

介護職員初任者研修を受けるべき理由

研修を受けることで介護サービスの知識や実技を幅広く習得できますので、さらなるステップアップに役立ちます。介護分野で活躍するために、上位の資格を取得しようとする方は介護職員初任者研修の受講が望ましいからです。

介護職員初任者研修を受けるメリットを知ろう

食事

研修の内容を知っておく

介護職員初任者研修の内容は、介護に関する基本知識を学ぶために用意されたカリキュラムを座学やテキストでこなしていきます。主に介護職に関する理解や介護サービスに必要な知識を学び、介護に関する科目の受講と演習でおよそ130時間かかります。また入浴や車椅子介助などの演習をロールププレイを通して行い、介護サービス全般にわたって実践的な技能を習得します。

介護職員初任者研修の際に必要なもの

車椅子

実技演習用に作成するエプロン

研修の講座がスタートしテキストやレポートによる自宅学習が進むと、次の段階として通学での演習が始まります。そのさい実務演習で必要となる名前つきのエプロンを準備します。水で落ちない名前付きの名札を縫い付けて、スムースに着ることができるように事前に練習しておきましょう。

身の回りの備品や持参品などをチェック

テキストや筆記用具、ノートなど学習に必要なものに加え、通学に必要となる財布や交通ICカード、スマホなど当日に必要になるものを準備しておきましょう。当日あわてずにすむように事前にリストアップし、それぞれチェックしてからカバンにしまっておきことが大切です。

スクールで用意すべきものとは

介護の実技演習がありますのでスクールで指定された必要な備品類を、それぞれチェックしながら用意します。例えば内履き用のスリッパや演習に必要な運動靴、食事介助用のスプーンや紙コップ、パジャマなど用意すべきものが多種ありますので忘れないように注意してください。